よりよい条件の任意売却は、頼れる業者選びから!

HOME » 任意売却とは?あらためておさらいしよう » 自己破産よりベターな理由

自己破産よりベターな理由

「焦って自己破産申請をする前に、まず任意売却を」。このページでは、その理由を説明いたします。

自己破産する前にまず任意売却

住宅ローンの返済で首が回らなくなってしまった。こうなったらもう、自己破産申請するしかない…」。そんな切羽詰った状況に追い込まれた場合でも、落ち着いてよく考える必要があります。まず自己破産には2種類あることを知りましょう。

  • 同時廃止…預貯金を使い果たし、残った資産も現金にして支払いに充てている場合
  • 管財事件…手元にめぼしい資産が残っている場合。管財人の介入があり、債務確定後、資産の換価が行なわれ、 債権者に配当される

ここで注意したいのは、同じ自己破産でも、同時廃止のほうがより簡便であること。手続きは3カ月程度で終了し、半年ほどで免責が決定します。必要な費用も3万円程度です。

これに対し管財事件は、自己破産申請してから手続きが終わるまでに、少なくとも1年以上の時間がかかります。費用も最低50万円の予納金(管財人費用)が必要になります。

つまり、同じ自己破産をするなら「同時廃止の方がずっといい」のです。そのためにまず、自己破産申請より、手持ちの資産整理を優先しましょう。

競売より任意売却の方がずっと有利

管財人イメージ返済の残っている住宅を任意売却する前に、自己破産申請をしてしまうと、管財事件になってしまうことは、上記で説明いたしました。

管財人の介入は、自己破産申請者にとって、資産整理の権利を放棄することと同じ。手元の住宅は任意売却でなく、競売にかけられることとなります。

ここで改めておさらいしておきたいのは、任意売却のメリット。売却者にとってみれば、競売と比べ以下の点が有利です。

  • 市場価格に近い金額で売却できる
  • 購入者と話し合うことで、引渡し時期を調整してもらうことが可能
  • 引越しの費用などを売却金額から捻出できる場合がある
  • 競売情報が公になったり、自己破産したことが近所に知れ渡る可能性が低くなる

いかがですか?自己破産申請を行なう前に任意売却を行えば、金銭や時間、そして精神への悪影響を最小限にとどめることが可能なのです。

「あわてる乞食はもらいが少ない」という格言は、自己破産を考えている人にとって、耳に痛すぎるかもしれません。しかしこの場合は、まさに真理。焦って行動する前にまず、良心的な任意売却業者を探す努力から始めてみてはいかがでしょうか?

 
善は急げ!任意売却の業者選びガイド