よりよい条件の任意売却は、頼れる業者選びから!

HOME » 任意売却とは?あらためておさらいしよう » よくあるQ&A

よくあるQ&A

このページでは、任意売却に関する良くある疑問を、Q&A形式でまとめています。

任意売却に関するQ&A

任意売却では引越し代が出ると聞いたんですが、本当ですか?

必ずしももらえるとは限りませんが、任意売却で住居を処分すると、引越し代が出ることが多いのは本当です。一方、競売の場合は引き渡し命令による強制処分の引越しとなります。この際の料金は自費となります。

「引越ししなければ不動産の引き渡しができない」という理由のほか、「競売より任意売却の方が高値で取引されることが多く、債権者の回収率も上がる」などが、理由としてあげられます。

しかし近年は不況などの影響もあり、不動産に関する慣例に変化が見られるようになっています。後で「話が違う」ということにならぬよう、任意売却を業者に依頼する際、「引越し代が必要なので、調整をお願いしたい」旨をしっかりと伝え、交渉に努めてもらいましょう。

物件をリフォームする必要はありますか?

リフォーム済みの物件は買い手側にとって魅力ですが、任売物件をリフォームする必要はありません。リフォーム代金を差し引いた中古物件として売り出されることになるからです。売却者はリフォーム代を支払うことによって、残債をさらに増やしたりしないよう、現状のまま売却するのがオススメです。

一戸建てとマンションの任意売却では違いがありますか?

状況によって手順などに多少の違いはあるかもしれませんが、基本的には同じと考えて構いません。

注意したいのは、投資用マンションの場合。今の投資マンションを維持することが難しくなったからと言って、新たな投資マンションを購入したりしないよう、注意してください。営業マンの口車に乗った揚句、債務を増やす結果となってしまっては、目も当てられません。

親族間売買はできますか?

「ローンが払えなくなったけど、将来的には経済状態が良くなる可能性もあるので、とりあえず近しい親族に買取ってもらいたい」。そんな要望もよく聞かれます。

しかし親戚や兄弟、親子間での任意売却は、一般的に難しいと言われています。所有権移転登記、抹消登記費用が2倍かかったり、短期譲渡所得となるために、所得税や住民税が発生するなど、通常の売買よりも費用がかさんでしまうのです。

そのため不動産会社や銀行に親族間売買を提案しても、取り合ってもらえないことが多いようです。

しかし、依頼人の状況によっては全く不可能、というわけではないので、「どうしても親族間売買が良い」という方は、まず任意売却業者に相談してみてください。

 
善は急げ!任意売却の業者選びガイド