よりよい条件の任意売却は、頼れる業者選びから!

HOME » 任意売却とは?あらためておさらいしよう » そのメリット

そのメリット

このページでは、任意売却のメリットを競売と比較しながら紹介しています。

競売より任意売却にメリットがあるワケ

これ以上住宅ローンを払い続けることができない、とわかったら、一刻も早く任意売却を検討すべきです。時間が経てば経つほど不利になるのは、債権者から裁判所に連絡が行き、マイホームが競売にかけられてしまうから。

任意売却は競売に比べ、以下のメリットがあるので、要チェックです。

メリット1●市場価格に近い値段で売却できる

競売は、裁判所が「売却可能価格」を基準にして落札価格を決定します。入札で行われるため、市場価格よりも2~3割程度低い値段で落札されることがほとんど。おのずと残債務(債務整理をしたあとに残る支払義務がある借金やローン)も多くなってしまいます。

一方、任意売却の場合は裁判所を通さず、一般的な不動産取引と同様の方法で売買が行われます。市場価格に近い値段で売却できれば、その分残債も減ります

メリット2●残債務の支払いに柔軟に対応してもらえる

競売は残債務の支払いについて没交渉のため、一括返済を迫られることになります。ただでさえ苦しい経済状況に追い込まれた者にとって、不利な条件であることは言うまでもありませんね。

任意売却は債権者との話し合いが持てるため、残債務の支払いについても柔軟に対応してもらえます。ただし、仲介に立つ任意売却サポート業者の力量が問われる場面でもあります。実績やサポート力の高い業者に依頼し、少しでも余裕のある支払い計画を実現してもらうことが大切です。

メリット3●明け渡し時期を融通してもらえる

競売での引き渡しは、落札者の決定に従わなければならないので、引越し時期の希望などは聞き入れてもらえません。引越準備や費用の工面ができていなかったとしても、即刻退去しなければならないのです。

しかし任意売却なら、購入希望者と話し合うことで、ある程度売却者の事情を聞き入れてもらえます。また任意売却のサポート業者によっては、売却金額の中から引越し費用を工面してくれる場合もあるので、契約を交わす前に相談してみましょう。

メリット4●プライバシーが守られる

返済の滞ったマイホームが競売にかけられると、複数の関係者が現場に訪れることになります。またチラシを配布されたり、新聞や情報誌に掲載されることとなるので、隠そうと思っても、苦しい事情が近所に知れ渡ることになります。

任意売却であれば、一般の不動産売買と何ら変わりはありません。単なる引越しとみなされるので、必要以上の精神的苦痛を感じずに済むと思います。

 
善は急げ!任意売却の業者選びガイド