善は急げ!任意売却の業者選びガイド

よりよい条件の任意売却は、頼れる業者選びから!

悩むより任意売却の専門業者に相談しよう

このサイトでは、任意売却をサポートしてくれる業者の情報を掲載しています。

これ以上住宅ローンを払い続けていくことが、むずかしくなった…」。

そう判断したら、すぐ任意売却を検討する必要があります。グズグズしていると債権者が裁判所に申し立て、自宅は競売にかけられてしまうからです。任意売却は競売に比べ、以下のメリットがあります。

  • 競売より高く、市場の相場に近い価格で売却できる
  • 交渉により、住宅の明け渡し時期について柔軟な対応をしてもらえる
  • 売却金額から引越し費用を捻出できる場合がある

しかし、素人が債権者や購入希望者と交渉を行なうのは、事実上不可能。プロの手を頼るのが一番です。ひとりで悩み、いたずらに時間を浪費するより、専門家の助けを借りて、前向きな未来へのスタートを切りましょう!

任意売却サポート業者を比較しています

より良い業者を選ぶコツ

業者のイメージイラスト任意売却は個人で行うこともできますが、不動産や法律についての専門知識、金融機関・購入者との粘り強い交渉力が必要となってきます。やはり専門業者に依頼するのが、ベター。ただし、どの業者を選んでも同じというわけではありません。

 「では一体、どんな規準で業者を選べばいいのだろう?」。そんな方のために、よりよい任意売却サポート業者選びのポイントを紹介します。

任意売却の実績は豊富か

任意売却は、業者と金融機関/購入者との話し合い如何(いかん)で、結果が大きく変わります。すこしでも良い条件で話をまとめ、依頼者の負担を軽くするためには、豊富な経験に裏打ちされた業者の交渉力が、必要不可欠です。

業者選びの目安となるのは、過去の取引実績。設立年数が3年に満たなかったり、実績が100件を下回る業者は、対応力に不安があるかもしれません。

手数料に不透明な点はないか

任意売却の業者に払う費用は、不動産売却の仲介手数料(成約価格の3%+6万円+消費税)と、法律で定められています。すべて自宅の売却金から賄われるものなので、依頼者の持ち出しによる、実質的な負担はありません。

お金イメージしかし依頼者の知識不足につけ込んで、法外な手数料を請求する悪徳業者も、中にはいるようです。その手口として、相談時に「引越し資金100万円を約束します」「当座の生活資金を数十万円用意します」などの甘い言葉をかけてくるケースがあるようです。

根拠のないお金の話には、注意して。もともと住宅ローンの返済に行き詰った結果なのですから、定められた仲介手数料以外の請求はないか、相談時に確認するぐらいの開き直りは必要です!

アフターフォロー体制は整えられているか

任意売却で売買が成立しても、手元には住宅ローンの残債務が残る場合がほとんど。その支払いが生活を再び圧迫してしまうようでは、いつまでたっても新しいスタートが切れません。

大手の不動産会社に任意売却を依頼したところ、売買にだけ熱心で後は知らん顔、という話はよくあるようです。また任意売却専門の業者だからといって安心は禁物。売却後の債務金額交渉無料のアフターフォロー体制を整えている会社なのか、正式な依頼の前にしっかり確認しておきましょう。

本サイトでは、住宅ローンの返済に行き詰まり、任意売却を検討している人たちをサポートする業者を比較しています。より良い業者を選び、納得のいく不動産売却を実現するためのお役に立てれば、幸いです。

任意売却をサポートする業者を比較

 
善は急げ!任意売却の業者選びガイド